彼岸その3

今日は、秋分の日。彼岸の中日です。


秋分の日は、『国民の祝日に関する法律』によって定められており、秋分日を採用することとされています。
秋分日は、天文学用語で、秋分が含まれる日のことです。
秋分は、同じく天文学用語で、太陽が秋分点を通過する瞬間、秋分点通過時刻のことです。

秋分は、地球上のどこでも共通なので、時差により、場所によって日付が変わります。

今年の秋分は、日本では、9月23日12:09。世界時(UT1)では、同日3:09。ニューヨークでは、夏時間で22日23:09。

あくまでも、定義上の話ですけれどね。


日本の祝日は、『国民の祝日に関する法律』により、「国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日」とされています。
そのなかで、秋分の日は、「祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ」日とされています。
一方、春分の日は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日となっています。

何となく、違和感を憶えるような気がします。

また、秋分の日は、同法による最初の祝日でした。昭和23年のことです。


今日、ブログについて新しくしたことと言えば、今までのブログを、一太郎にコピペで貼付けたことくらいでしょうか。


奥さんも、私と同じく、喉と頭が痛いと言っていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック