第39回 能登

一昨日が十三夜だったので、今日は十五夜です。

四半日前のほぼ満月が、明るく照らし出されていました。


今日は、上空散歩を楽しんできました。

去年は山、今年は海でした。


あり得ないことではないけれど、あり得なそうに思えることは、やはり、何か大切なことを見落としているのかも知れません。

逆に言うと、実は大切でないことを見落とせば、人は空を飛べるのかも知れません。


奥さんは、電話をしていました。

この記事へのコメント

ぴの
2010年10月23日 19:43
昨夜は空を飛びました^^
お月さまはとてもやさしくて
想像のとおりでした^^

夢です^^;

そして今日
坂の上に広がる
青い空をみあげて
白い雲がひとつ
ふわり浮かんでいました
あの雲を追いかけ
その先へ 夢を追いかけて
また 今夜も空をお散歩できるかな?
お月さまに逢えるかな?

飛べるとか飛べないとか
いえ 飛びたい! なのです
うふ なんと飛べるのですね^^;

不思議です

こんばんは^^
先日はいきなり失礼を
お許しください

そっとここから...

お花を眺めるように^^

この記事へのトラックバック