第186回 タイトロープ

昨日と同じ便のバスで帰ってきました。

昨日は空いていたのに、今日は混んでいました。

バス停からの途中のショッピングセンターの駐車場は、昨日は混んでいたけれど、今日は空いていました。

昨日と今日だけでもこんなにちがうのに、何年経ってもほとんど変わらないものもあります。


昨日今日の仕事は、かなりタイトでリスキーでアクロバティックでした。

年度末の1週間は、ふだんの1ヶ月にも相当します。


物事がうまくいっているのは、うまくいかなくなる前兆です。

うまくいかなくて当然と思っていなければなりません。

それでも何とかなってしまうところに、最大の弱点があります。


好事魔多し。

順調な時ほど、ブービートラップに掛かる確率が高くなります。

速度が速いほど、落とし穴に落ちた時の衝撃は大きいものです。


靴を買わないといけません。


今ごろ紋白蝶が見られるのは、九州や四国です。

この辺りでは、桜が咲く頃にならないと見られません。


ニャトランは、昨夜は階下で寝ていたようです。

フローリングの上で、まさに横になって寝ているのは、安心している証拠です。


奥さんは、ニャトランが膝の上に乗ってしばらくすると、重くなってきて立ち上がります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック