第263回 ウィリアムの蕪とジャックの南瓜

風太がうちにやってきて、3ヶ月がたちました。 今日も、元気です。 このところ、ケージの中の水の皿を手で引っ掛けてひっくり返し、水浸しになることがたびたびあります。 そのたびに、ぬれたタオルを取り替えています。 やってきた時が生後2ヶ月半くらいだったので、もうすぐ半歳になるところです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第262回 トリノで回る

午前中は、風も弱く穏やかな日和でしたが、午後は気温が急激に下がりました。 寒冷前線の通過に伴って、西よりの風が強く吹きました。 帰りの途次、落ち葉が舞い散っていました。 県の花の大通りには、銀杏がたくさん落ちていました。 今日は、旧暦4日。 今宵の月は、四日月です。 よくある三日月型は、厳密に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第261回 虚数空間

いつも夜中にばかり記しているので、久しぶりに昼間に記してみます。 町内会の集まりは、午前中に終わりました。 昼ごはんは、鮪の切落しを食べました。 奥さんは、子どもたちを床屋へ連れて行きました。 風太とお留守番です。 風太は、2階の下の子どものベッドにいました。 ヘリコプタが飛び交っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第260回 朦朧の対岸

今日も一日いい天気でした。 明日もいい天気のようです。 明日は、町内会の集まりがあります。 さっきまで準備をしていました。 午後は、駅前のコンビニに行きました。 コンビニには、いろんな人々がやって来ます。 人間観察には適した場所です。 電車が駅に着くたびに、お客さんが増えます。 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第259回 「後ろの正面、誰?」

明日は霜降。 明後日は閏長月朔日。 明々後日は、中学校の体育祭です。 帰途上の温度計は、10℃を表示していました。 吐く息が、ほんのり白くなり始めます。 風太は、今夜も走り回っています。 壁で爪を研ぐので、壁紙が引き千切れて、剥がれた紙片を咥えて遊んでいます。 奥さんは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第258回 元の木阿弥

10月も、中旬まで終わりました。 今年も残すところ、10週間と2日です。 あと10日もすると、年賀状が発売になります。 年末進行が間近です。 風太は、夜になっても駆けずり回っています。 下の子どもの鞄の前で、お気に入りのピンクの猫じゃらしで遊んでいます。 その後は、部屋の隅から隅まで駆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第257回 酸化水素症候群

今日も一日いい天気でしたが、外へは出ませんでした。 特筆すべきこともなく、家で休んでいた日曜日でした。 水はおいしいです。 1日に何度も飲みます。 水分の摂取量は、多い方だと思います。 特に、仕事場では、500mlのペットボトルに水を入れて飲みます。 午前中に2回、午後に2回くらいでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第256回 露から霜へ

今朝は気温が9℃まで下がり、今季の最低気温を更新しました。 秋がだんだん深まっていきます。 昼間はよく晴れて、最高気温は20℃を上回りました。 日なたは暖かくなりました。 そんな日和に誘われて、午後に車で出かけました。 街の北西にあるおなじみの湖を周ってきました。 ゆっくりゆっくり、軽い藪漕ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第255回 上限局面

夢を見た。 映画の夢を見た。 映画に出ていたのか、観ていたのか、定かではない。 石坂浩二が、警察官を演じていた。 券売機に、紙幣がたくさん忘れてあった。 三島から小田原まで、新幹線を使おうとしていたので、清水あたりだったのだと思う。 普通列車で行くと、熱海で乗り換える必要があった。 発車間際の電車を見送り、次の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第254回 鍵がかかった礼拝堂

赤銅色の月が見えました。 第85回にも記しましたが、月食の月は、地球上どこから見ても同じように月食です。 一方、日食は、宇宙空間のどこかで必ず起こっています。 月食は、特定した時間に、月が見える任意の位置で起こるのに対して、 日食は、任意の時間に、その時固有の位置で起こるのです。 時間を特定すると位置が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第253回 0.12ppb

先週の土曜日に家族で球場へ行ったばかりですが、今日は最終戦を観てきました。 食べられる前のお月さまがきれいでした。 後から考えると、子どもたちも一緒に連れて行けばよかったかなと思っています。 来季は、開幕戦をみんなで行こうと思います。 球場へは、往きも復りも、歩いてみました。 金木犀の濃厚な甘い香が漂っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第252回 大坂越を南から北へ

秋は果物の季節です。 梨、桃、葡萄、柿などなど。 これからは、蜜柑や林檎も出てきます。 枇杷や柘榴は、久しく食べていません。 苺や西瓜や甜瓜は、野菜に分類されます。 一方、胡桃や扁桃などの種実類や、栗や銀杏も、木になる果実と言うことで、果物の範疇だそうです。 他方、落花生は豆なので、木の実ではあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第251回 寮羌と胡蜂

今日は、一日中曇り空で、暗く寒い日でした。 最高・最低ともに、この秋一番の冷え込みでした。 特に、最高気温は、平年の11月上旬並みまでしか上がりませんでした。 台風が近づいています。 今年3個目の上陸になるかも知れません。 明日は、市内の小中学校は休校になり、子どもたちはお休みです。 その次の台風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第250回 『・・・奈良、明日香・・・』

10月になりました。 先月は、1回しか記せなかったので、今回は長めです。 今年も残すところ3ヶ月を切りました。 年度としては、下半期、そして第3四半期です。 当然の帰結として、残り時間は少なくなっていきます。 流れる雲の向こうに、齢十日の月が照らされていました。 昨日は、仕事が早く終わったので、眼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more