マラカスとマガンダ

昨夜は、あのあと、2時間半ほど掛かって帰り着きました。

それから寝たので、4時間半足らずしか寝ていません。

440kmを実質5時間半の運転と相まって、お疲れで、眠いです。


先週15日(水)のブログ『暗証』の最後に記した「ファナピ」とは、台風11号の国際名です。
ちょうどその頃に生まれ、今日の朝になくなりました。

そして、今日の午後、台風12号「マラカス」が発生しました。


マラカスと言っても、楽器のマラカス【Maracas】ではありません。

気象庁によると、「マラカス【Malakas】」とは、フィリピンの言葉で「強い」こと。

フィリピンの民話に出てくる、人類最初の男の名前だそうです。
方や、人類最初の女は、マガンダ【Maganda】と言います。

マラカスとマガンダは、強さと美の象徴になっています。


フィリピン版『アダムとイブ』です。


人間の考えることは、当たらずとも遠からずなのでしょう。

「当たらず」のところは、アダムとイブか、土と骨から造られたのに対して、マラカスとマガンダは、竹から生まれたと言われています。

かぐや姫の同類でしょうか。

善福寺辺りが、近いようです。


今日、ブログについて新しく起きたことと言えば、気持玉をいただいたことと、そのことの通知メールが届いたこと、それに、インタネットエクスプローラが落っこちて、書きかけのブログが消え去ったことくらいでしょうか。


・・・。


保存は大切です。


ちょうど、雲散霧消【vanish in the haze】を覧ていたときのことでした。


今夜は、先ほどまで、2人の子どもたちが起きていました。今ごろは、もう、夢の中です。

私も、早晩、寝に行くことにします。

"マラカスとマガンダ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント