第37回 13番目の月

昨日は、何も思い付かなかったので、タイトルを「仮」として、「ただいま、考え中。」とだけ記しましたが、結局、何も思い付かなかったので、そのまま今日まで「考え中」です。


それでも、とある方から、「面白い」と気持玉をいただきました。

ありがとうございました。

4個目の気持玉です。


第9回「彼岸その2」に、「そして、今宵は、十三夜。」と記しましたが、今日が本来の十三夜です。

古来、旧暦9月13日の夜、長月十三夜の月は、葉月十五夜の「中秋の名月」と並んで、鑑賞の対象となっていました。

そこで、「後の月」、また栗の実る頃から「栗名月」とも呼ばれていました。

そんなわけで、先月の十三夜は、「芋の前、緑色の栗」です。


ちなみに、今日は、○○がモナカの栗園の近くまで行って来ました。

栗拾いは、しなかったです。


お月さまいくつ
 十三七つ
  まだ年や若いな

十三夜の七つ(午後4時頃)は、まだ月が出たばかりで若いことから言うそうです。

「まだまだ白くて、気がつきませんでした。」


今宵の月は、雲を透かして、朧月でした。

雨月と朧月だから、片見月にはならないはずだと、いい方に解釈しています。


昨日は、「仮」だったので、プレーンのブルー&ホワイトにしましたが、今日は、またねこさんに戻しました。


今日も、奥さんと、シュークリームを食べました。

"第37回 13番目の月" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント