第39回 能登

一昨日が十三夜だったので、今日は十五夜です。

四半日前のほぼ満月が、明るく照らし出されていました。


今日は、上空散歩を楽しんできました。

去年は山、今年は海でした。


あり得ないことではないけれど、あり得なそうに思えることは、やはり、何か大切なことを見落としているのかも知れません。

逆に言うと、実は大切でないことを見落とせば、人は空を飛べるのかも知れません。


奥さんは、電話をしていました。

"第39回 能登" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント