第66回 「62番のバス」

一昨日は、前回記したように、午後から大都会へ出張し、実家にも寄りました。

最終の新幹線に乗ったので、帰り着いたのは、昨日になっていました。


昨夜は、5時間睡眠だったので、昨日は、眠かったです。


そんななか、昨夜は、大学の同窓会がありました。

なので、少し酔っ払いさんです。

帰って来る頃には、だいぶ冷めましたが、眠いです。


何よりも、昨夜と昨夜がこんがらかっています。

1年に、冬が2回あるように、1日には、夜が2回あります。


大都会は、大都会でした。

いつも思うのですが、毎日がお祭りのような人集りです。

この国の中心辺りでは、警察の警戒が物々しくなっていました。

そんな中を、元大臣がひとりで歩いていたりするのも、中心たる所以です。


先ほどは、帰りがけに、近くの本屋で、時刻表を買いました。

毎月買うようになってから、35年くらいになったでしょうか。

420冊以上はあるはずです。


みかんを、3個、立て続けに食べてしまいました。


そんな、真夜中ちょっと過ぎです。


今日の夜は、子ども会の集まりがあります。

いろいろと、何かしらあるというのは、それなりに、充実していると言うことなのでしょうか。


奥さんは、寝ていました。

"第66回 「62番のバス」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント