第68回 『もしもピアノが弾けたなら』

氷の雨と書いて、氷雨。

雨に氷が混ざっているわけではなく、氷のように冷たい雨という感じです。

雨と雪が混ざると、霙。
氷が混ざると、霰になります。


冬の雨は、雪よりも冷たい感じがします。


今日は、上の子どものピアノコンクールがありました。

西の町のホールの緞帳には、ダムと雉が描かれています。


東部では、雨か雪。
西部では、雪か雨。

高速道路の走る山を境に、天候が変わります。


奥さんは、小さな音にぞおどろかれぬる。

"第68回 『もしもピアノが弾けたなら』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント