第85回 エドウィンの城

赤い月は、見えませんでした。

第20回にも記しましたが、月食が見られるのは、望:満月です。


来年6月16日(木)にも、皆既月食がありますが、月の出の時刻の関係で、西日本でしか見られないそうです。

意外なことに、頻度としては、月食よりも日食の方が多く起きます。

これは、外側(太陽と反対側;月食が起こる)よりも内側(太陽側;日食が起こる)の方が、範囲(月の移動する範囲)が広いからです。

でも、月食は月が見えれば地球上どこからでも見えるのに対して、日食はある限られた範囲でしか見ることができないために、滅多にお目に掛かれないことになります。


一方、月食の時、月では何が起こっているかというと、地球による日食が起きているそうです。

しかも、皆既月食の時は、全月面上で日食になります。

暗黒の昼間は、寒そうです。


今夜は、牛肉を食べました。

県内産の黒毛和牛だそうです。

子どもたちも、とても美味しいと言って食べていました。

これも、滅多に食べられるものではありません。

できれば、日食を見るよりは、多く食べられればいいと思います。


奥さんは、台所で食器を洗っていました。

"第85回 エドウィンの城" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント