第91回 「薄化粧」

また、雪が降ってきました。


朝、出掛ける時に、玄関を開けたら、雪が降っていました。

昼間も、ビルの間を、ひらひらと降っていました。

夜、帰る時も、はらはらと降っていました。

道路が、うっすらと白くなり始めていました。


荷馬車は、もう、通り過ぎません。


小寒です。

もっと寒くなって、大寒となります。

一番寒くなるのは、今月末。

大寒の終わり近く、立春の直前です。


この街が一番寒くなったのも、終戦の年の1月26日でした。


奥さんは、夕ごはんのカレーを作ってくれていました。

"第91回 「薄化粧」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント