第138回 源流

7月最初の日曜日は、曇空でした。


特に変わりのない日曜日が、最近では珍しいものでした。


予定が変わって、今週は泊まりのお出掛けはありませんが、来週は県南で4泊です。

旅館とか、ビジネスホテルとか、
最後の夜は、温泉に泊まる予定です。


子供の頃、所謂少年時代の思い出の地というと、高原です。

出身地のとなりの県の、南東部と北西部にあります。


上弦の月の頃でしょうか。


14番目の月がいいと言った人もいますが、
地球という束縛を離れれば、
満月はいつも満月であり、
そして、毎日ちがった顔を見せてくれるのです。


奥さんは、子どもたちの横から立ち上がりました。

"第138回 源流" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント