第240回 52日目

クリックの先に見えるもの。


今日の私は気分が悪い。
この前の土日に少し調子が良かったことの反動だろうか。
昨日ほどではないが、旧来頗る具合が良くない。

昨夜は、また意味のあるような夢を見た。
サンタクロースは廃屋の戸を取り壊し、
馴鹿と共に去って行った。
古い屋敷は博物館に変わっていた。
中世の黒い歴史が展示されていた。


今、一番大事なことは、
今年の冬を無事に迎えられたことです。


朝起きてから、頭痛と鈍重感がある。
それに腹調もよろしくない。

梅雨空の天気のせいだけではないようである。


時の流れは、万人に共通だと言うが、
主観の入った時間は、各人各様である。


部屋の中は暑く、夜の外気は涼しい。


光が最高速だと、悪魔によって、情報はエネルギーになる。


ニャトランは、網戸越しに暗闇の庭を見ています。


奥さんは、幼稚園に行ってきました。

"第240回 52日目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント