第260回 朦朧の対岸

今日も一日いい天気でした。

明日もいい天気のようです。


明日は、町内会の集まりがあります。

さっきまで準備をしていました。


午後は、駅前のコンビニに行きました。

コンビニには、いろんな人々がやって来ます。

人間観察には適した場所です。

電車が駅に着くたびに、お客さんが増えます。

中学校も近いので、中学生が学校の帰りに寄り道したりもしています。

電車を待つ高校生もいます。

喋れる食べれる便利なお店で、コーヒーを飲みました。


今日では、中学生にも携帯電話もしくは多機能電子機器は、必須な小道具のようです。


文明の利器を駆使しています。


嵐が襲ってきたならば、一体どうなることでしょう。


「今時の中学生」というのも、今時の表現であります。


前回記したように、子どもたちは体育祭でした。

奥さんが観に行きました。

私が学校の横を通った時には、閉会式らしく、みんなが整列しているところでした。


風太は、ケージの中で仰向けになっています。

画像


昼間は、2階のベッドの上で、日向ぼっこをして静かにしていました。


ニャトランもお気に入りだった場所です。


奥さんは、明日の準備の手伝いをしてくれました。

"第260回 朦朧の対岸" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント