テーマ:2011年1月

第107回 ドン・ボスコとフランシスコ・サレジオ

当然の流れですが、今日で1月も終わりです。 今朝は、昨日の雪が残っていて、凍っている道もありました。 歩幅を小さく、転ぶんじゃないかと思いながら歩くと、転びます。 大股でも、ゆっくり踏みしめて歩くと、案外転ばないものです。 とは言え、滑る時は滑りますし、転ぶ時は転びます。 上の子どもは、朝にまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第106回 General Assembly

昨夜は、早く寝ました。 8時前、子どもたちよりも、少し早く寝ました。 それから、雪が降り始めたようです。 一晩で、5cm以上積もりました。 朝は、車が滑りました。 上の子どもは、今日は熱も下がりました。 でも、まだ喉が痛いそうです。 午前中は、2人で一緒に家にいました。 明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第105回 フレキシブル・ビーズ

上の子どもが、昨日の朝から、体の不調を訴えていました。 何のことはない、風邪気味でした。 少し熱があったので、学校は休みました。 午後から、熱が上がり、夜には、39℃になりました。 今日は、小児科医院へ連れて行きました。 インフルエンザかと思ったら、溶連菌感染症でした。 喉が痛いと言っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第104回 「寝ますか?」の時間

気が付けば、1月もあと4日。 今日の最高気温は、4.7℃。 昨日より、1.4℃低いものの、これでほぼ平年並みでした。 少し、暖かい気がしました。 それでも、夕方には、雪がうっすら積もりました。 ほんの1cmです。 まだ、国道の話です。 国道104号は、45号の八戸市から7号の大館市までの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第103回 「歩こう、歩こう」

今日は、海を見ながら、歩きました。 歩数計は、2万歩を超えました。 足が、疲れました。 引きつづき、国道の話です。 国道103号は、4号の青森市から7号の大館市までの国道です。 奥入瀬渓流沿いの区間、下流側の焼山から十和田湖岸の子ノ口までが、前回の102号と重複しています。 この国道は、青森市から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第102回 Oirase

このところ、一太郎で下書きせずに、そのまま記していました。 そのため、消し去ってしまったこともありました。 なんとか、思い出すことはできましたけれど、微妙なニュアンスはちがってきます。 ニュアンス自体が微妙なので、「白い白馬」や「頭痛が痛い」の類の、重複表現ではあります。 前回につづいて、国道の話です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第101回 微睡

田舎に行ってきました。 ものすごい雪でした。 高速道路は、それなりに除雪されていました。 国道も、路面が見えているところもありました。 県道は、圧雪状態で安定していました。 市道は、擂鉢状になっていました。 対向車が来ると、道路脇にはまってしまいそうでした。 人の住んでいない家の屋根には、ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第100回 New Digital Generation

今日は、大寒です。 もうすぐ、冬も終わりのはずです。 でも、終わり近くが一番寒くなります。 線香花火が、一番最後に、激しく燃え尽きるのに似ています。 月が丸いです。 一昨夜は、旧暦15日の夜で、十五夜でした。 昨夜は、満月に一番近い月でした。 今日は、朝6時過ぎに望だったので、暦の上では満月…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第99回 『ワシントン広場の夜は更けて』

今は、火曜日の夜です。 みかんを食べています。 いつものことながら、気が付くと、なくなっています。 無意識のうちに、食べてしまっているようです。 上野公園の南西側に、不忍池があります。 東西300m、南北450m以上はある、結構大きな池です。 蓮が一面に覆っている「蓮池」もその一部分です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第98回 9-6=3

-1℃の空気は、切れるほど冷たくはありません。 でも、手が悴むには十分な寒さです。 雉が鳴き始めると言います。 さっき、帰って来たところです。 夕ごはんは、明朝に食べることにします。 ピロシキにはならないようです。 一過性の混沌は、この時期、よくあることです。 それに応じて、歯車がお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第97回 「あたたかいです。」

旧正月の前夜、正月のものを焼く火祭が、左義長です。 私の住んでいる街では、どんと祭と言います。 概ね、神社の境内で火を焚きます。 初詣よりも人出が多いところもあります。 火は、あたたかいです。 奥さんは、私の帰りを待っていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第96回 14番通りの橋

昨日につづいて、…。 氷点下の中を、自転車で帰ってきました。 目がしょぼしょぼして、足がしびれました。 20分くらいなら、まだ耐えられます。 明朝は、-4℃くらいまで、気温が下がる予報です。 それでも部屋の中は、暖かくて助かります。 奥さんは、幼稚園でチョコレートをもらって来ました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第95回 氷点下

静かな夜です。 風は強いです。 今の生活は、情報が多すぎます。 情報は、エネルギーとなり、エネルギーは質量になります。 重くなり過ぎたようです。 でも、有史以来、地球がそれほど重くなっていないところを見ると、人間の作り出した情報量というのは、元々自然が持っている情報量と比べれば、微々たるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第94回 煩悩半分

6時間は寝ないと、体に堪えるようになってきました。 もうすぐ、タイムリミットです。 時の流れは、速いような、遅いような。 「『もう』10日『も』経って『しまった』」のか、「『まだ』10日『しか』経って『いない』」のか。 水が半分入っているコップを見て、「『もう』半分『しか』『ない』」と見るか、「『まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第92回 「浅葱色」

今日は、お粥ではなく、お鍋を食べました。 風が強かったです。 凍っていました。 眠くなりました。 明日は、土曜日です。 奥さんは、子どもたちを連れて、幼稚園に行ってきたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第91回 「薄化粧」

また、雪が降ってきました。 朝、出掛ける時に、玄関を開けたら、雪が降っていました。 昼間も、ビルの間を、ひらひらと降っていました。 夜、帰る時も、はらはらと降っていました。 道路が、うっすらと白くなり始めていました。 荷馬車は、もう、通り過ぎません。 小寒です。 もっと寒くなって、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第90回 とり子お姉さん

一昨日3日(月)に、書き始めようとしていたのですが、そのままになっていました。 4日ぶりとなります。 正月三が日は、特にどこへも行きませんでした。 昨日から、仕事が始まりました。 普段とあまり変わらない日常です。 変わったことと言えば、大晦日に買った4.5kg入りのみかんの箱に、残り4個だけとなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第89回 「ちう位也」

あ…。 新しい年が明けると、目出鯛のだそうです。 おめでたいことです。 楽観主義ではあります。 オプティミストがポジティブとは限りません。 タイムマシンで過去や未来に行けたとしても、その過去や未来が現在に可逆的な保証は全くないわけで。 皆さん、そこら辺のところを、勘違いなさっているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more